読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KiCadでArduinoシールドを作る ~テンプレート機能の紹介~

この記事はKiCad Advent Calendar 2015の23日目です。
22日めはnora28alfaさんのPCB treeの設計でした。


KiCad4系にはテンプレートからプロジェクトを生成する機能がサポートされています。 Arduinoシールドのテンプレートが同梱されており、これを使えば快適にArduinoシールドを作ることができます。

ファイル -> 新規プロジェクト -> テンプレートから新規プロジェクトを作成を選択します。

f:id:masahirosuzuka:20151222211403p:plain

以下の画面から例えばArduino UNOを選択すればArduino UNO用のシールドのテンプレートが生成されます。

f:id:masahirosuzuka:20151222211422p:plain

独自のテンプレートを追加することも可能です。この場合以下のパスにテンプレートを配置します。

C:\Users\USERNAME\Documents\kicad\template

生成されたプロジェクトの回路と基板を開いてみたのが以下の画像。

f:id:masahirosuzuka:20151222211552p:plain

回路図にはArduinoのピンがピンヘッダの形で配置されています。 基板にはArduinoのシールドの外形とピンが最初から配置されています。 ここまでやってくれているのは親切ですね。

さて、実際に使ってみたのがこちら。 これはオーブントースターを改造したリフロー炉のコントローラーです。

回路と基板

f:id:masahirosuzuka:20151222211906p:plain

KiCad Advent Calendar15日目のシングルボードコンピュータGC3もこれでリフローしています。

システム全体の画像

f:id:masahirosuzuka:20151222211722j:plain

f:id:masahirosuzuka:20151222211748j:plain

KiCadで作ってみたといいつつ今はプロトタイプシールドで作っています。 回路図を作るためだけに回路図CADを使うとかユニバーサル基板で作ること前提なんだけども部品の配置を検討するために基板CADを使うとかそういうカジュアルな使い方もありだと思うんだようん。

github.com


この記事はKiCad Advent Calendar 2015の23日目でした。
24日めはKazu-zamasuさんです。